JRT PIANO の つぶやき
by 4terrier dogs
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
日常
アウトドア
ディスク
ドックスポーツ
アジリティ
ZUMBA
お買い物

音楽♪
誕生日
お出かけ
満腹
手作りTシャツ
ケガ・病気
血族
虹の橋
探しています
未分類
フォロー中のブログ
ブルテリア☆メリーのペッ...
☆なると兄弟
眠り病!?
KOMA BUUNO
Cooper
RALBOW*
ボ-犬ジュリ-の独りごと...
Two Bullet D...
ホワイトデビルちゃんぷ
:Haru
セリのマレーシア日記
長茄子日記
しゅっぽっぽの犬写真館
ピキゴンズ
4terriercafe
♪♪ Link ♪♪
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
犬
画像一覧

がんばりまっす!

ピアノでちっ♪チョー久々のブログ更新でし。なのになのに。。
以下@フォルママよりご報告でし。

さて、かなーりどんよりなお知らせなのですが。。
実は今年に入ってからチョット体調に異変が見られた我が家の
長女@FORTE。このほど検査結果がでまして結果は悪性のリンパ腫と
いうことが判明しました。
血液検査表&細胞摂取したものを検体センターに送ってもらったの
ですが一時回答は「100%クロとは言い切れない。全く別モノの
可能性も否定できない」とのこと。しかし、血液検査で血小板の数値が
かなり低いことから何らかの手はうっていかないとという
ことで昨日早朝より検査入院しエコー&超音波&レントゲン&
血液検査。その間獣医の先生と検体センターでも連絡を取り合って
くれ、脾臓に腫瘍発見、センター側から脾臓に腫瘍でこの血液数値
ならリンパ腫と断定できる。早急に投薬開始してよいということに
なり初回の投薬をしてきました。本来なら初回に予定される投薬は
2種類なのですがFORTEの場合、血小板の数値がかなり低いことから
2種類ではカラダに負荷がかかりすぎるということで2種類を2週に
分けて投与することになりました。
投薬後のFORTEですが。。投薬前は元気こそ少しないかなという
感じでしたが散歩も行き、排泄もいいものを出し、そして何より
食欲がまったく落ちず、食後も吐き下しなどいっさいなし。
その状態をなんと投薬後も維持できています!むしろ元気が出た
くらいです!
今朝も早朝から朝ごはんを催促し、散歩もトイレ散歩→時間をおいて
公園散歩を満足いくまでしてきました。副作用的な吐き下しもなし。
獣医の先生の話では投薬後すぐに副作用的なものが出て以降ぐったり
してしまうコも少なくないらしいです。
その点FORTEは投薬前までしっかり食欲があったこと、あとは長年
ディスクドッグとして培った体力がまずは初回の投薬に耐えられて
いるのではないでしょうか。
遊びの延長で始めたディスク。4歳の時JFA@小美玉大会に初☆参戦。
出場していたボーダーの飼い主さんに「今日はお散歩ですか?」
「いえ、ビギナー大会に出るんです」「え!?ブルテリアで?
珍しいですねー」とビックリされた思い出があります。
それから8年。夢のファイナルにも連れていってくれました。
ブルテリア。もともとのルーツは「闘犬」そう闘うイヌです。
今のブルテリアはすっかり穏やかに改良され、あの何ともいえない
とぼけた表情がたまらないです。またFORTEという名前は音楽用語で
「強く」を意味します。
これからの闘病生活にFORTEは強く闘っていってくれると信じて
います。
どんよりなりがちなワタシに対しダンナ@YUUICHIは常に明るく
ふるまってくれています。本当はワタシ以上に心がつらいハズです。
だってFORTEは長年にわたるディスクのパートナードッグでした
から。。
何もしなければFORTEのカラダはどんどんツラくなっていく。投薬
療法もFORTEにとってとてもツライこと。でも、投薬のツラさに
耐えたその先、希望の光に手が届きカラダが良い方向に向かう
なら。。私たち家族は後者側を選択しました。

共働きな我が家。これからは留守中が心配になります。
幸いなことに獣医の先生が家の目の前、FORTEは開業時からの
患者だったこともあり先生から「仕事がどうしても休めない、
でもFORTEの体調が心配だという時はワタシが家を出る時間は
ちょっと早すぎてムリだけどご主人が家を出る時間だったら
診療前でも預けていっていいよ」ワタシの会社もこの先急な
年休・半休・遅刻・早退に関して理解をしてくれました。
「人は1人では生きていけない。誰かによって生かされている」
という言葉があります。
私たち家族と一緒に診療という形で闘ってくれる獣医の先生、
イヤな顔ひとつせず理解を示してくれた会社の人たち。
そんな人々によって私たち家族はこれから闘病生活に強い
気持ちで闘って行けます。

このような緊急事態ですので、FIDDLEと始めたディスクも
しばらくはFORTEの体調管理が優先になっていきます。
でも、昨年半年間FORTEが元気でいてくれたおかげでワタシ
とFIDDLEは群馬でたくさんのことを勉強することができま
した。
これからしばらくは思うように群馬へレッスンへ伺えなく
なることがかんがえられます。
でも昨年半年間の教えとディスタンスに関しては何たって
長年FORTEとコンビを組んだ@YUUICHIがそばにいます。
ディスタンスがまだまだ下手っぴなワタシ。東京でガッツリ
特訓してもらいます。FIDDLEとのディスク練は続行します!

長くなりましたが、みなさんこれからもなかよくしてくだ
さいね。
みなさんの色んな投稿に笑いや元気をもらいながら強い
気持ちで闘って行きます!

Forte、5月24日12歳元気に迎えようね!!
[PR]
by TRIPLETERRIER | 2014-01-30 20:09 | ケガ・病気